xabs996.com

誰の住まいか分かりません

リフォームが柔軟な住まい 先日、庭で珍しいものを発見しました。おそらく鳥の巣です。おそらくというのも、巣の主人が留守にしていたからです。木の枝であったり、ビニールテープであったり、どこから持ってきたのかは分かりませんが、見事に作られ、そこには確かに住まいというのに相応しい空間でした。出来たばかりなのか、それとも気付かなかっただけで、今までもそこにあったのかは分かりませんが、他の天敵たちから見つからない様に作られており、思わず感心してしまいました。

ただ、困ってしまったのは、主が不在という点です。私も四六時中、巣を見張っているわけには行きませんし、単にすれ違いということもありますが、主の姿を目にしておらず、誰の住まいなのか気になっています。巣の大きさからして、それほど大きくはない鳥だと勝手に推測して、カラスなどの大きな鳥が近くに来ると、一人、心配になってヒヤヒヤしてしまいます。今まで、家を建ててから長い間暮らしていますが、今回のように巣が作られたのは初めてです。一時の仮住まいなのかもしれませんが、それでも、住まいを作ろうと我が家を選んでもらえたことは、素直に嬉しかったです。どれだけいてくれるのかは分かりませんが、居心地良く、過ごして欲しいです。

Copyright (C)2019リフォームが柔軟な住まい.All rights reserved.